vol.8

parkERs(パーカーズ)メンテナンスのこだわり

地球と人の好循環を作る現場

青山フラワーマーケットの空間デザイン事業「パーカーズ」では、植物も人も共に育つ空間作りを大切なテーマとして掲げています。そしてお客様に居心地の良いと思っていただけるよう、ニーズに合わせて選ばれた最適な植物を常に美しく育てていく為、日々のメンテナンスは欠かすことができません。パーカーズでは、施工された物件にそれぞれ専属のメンテナンススタッフがおり、空間デザイナー、プランツコーディネーターと連携を取りながら、植物の織り成す空間つくりを最前線で支えています。
今回はメンテナンスにおけるパーカーズならではの「こだわり」をご紹介致します。
1

当社が手掛けた空間はオフィス、商業施設、駅ビルや路面店と多岐に渡り、その環境条件も多様です。そこでメンテナンススタッフには、日当たり、室温、空調(空気の流れ)など、それら全てを空間ごとに把握し、適切な判断で植物を育てる知識と技術が必要となります。例えば水やりは、植物の種類と設置場所に合わせた水量の調整を、乾燥の厳しいオフイスでは霧吹きで葉の保湿をして、グリーンの健康状態を維持します。他にも常に状態の変化を見極め、害虫や病原菌を事前に防ぐ対策をとるグリーン空間のお医者さんとも言えるでしょうか。デザイン面でも、お客様の要望や季節の移り変わりに合わせて、植え替えや剪定を行い植物のボリュームをコントロールするなど、彩りある上質空間を作るスタイリストでもあります。

2

そんなメンテナンスを行う上で、私たちは3つの「こだわり」を大切にしています。
一つ目は、「植物に優しい」。
植物本来が持つ素晴らしいデザイン性を長く保ち続け、心地よい共存を目指しています。そのためにも、成長するグリーンを私たち自身が、お客様目線で見つめることを大切にしています。
二つ目は、「人に優しい」。
オーガニックの薬剤を使用し、お客様だけでなくスタッフにも優しいメンテナンスを行っています。
そして、三つ目は「地球に優しい」。
環境に配慮した資材を選択し、有効に利用することで地球に負荷をかけないメンテナンスをしています。代表的な例として、植物のために安全な土をつくることをコンセプトとする「PROTREAF」と共同開発された「parkERs soil」は、コーヒーの豆かすやヤシ柄など廃棄処分されるものを資源利用し、地球を掘らず(傷つけず)グリーンのある空間づくりの循環を生み出すecoな土として、パーカーズのあらゆる施工現場で、私たちの想いと共にグリーンを育てています。

photo5

このようにメンテナンスは、パーカーズの想いとお客様の豊かな時間を繋ぎ、より上質に育てる重要な役割を担っています。現場で作業をしていると、頻繁にお客様の植物に関するあらゆるご質問やご要望にお答えする機会もあり、その責任を強く感じます。
今後も私たちは植物とヒトとの関係を考え、日々の日常に公園のような居心地の良さを提供できるこだわった素敵な空間を皆様にお届けいたします。

4