parkERs

WORKS事例紹介

人が集まる、都会の"渓谷"
大手町ファーストスクエア サンクンガーデン

Ootemachi First Square Sunkun Garden

高層ビルの谷間に現われた心地よいサンクンガーデン
都会で働く人たちの憩いの場へ

今年、東京「大手町ファーストスクエア」のツインタワーに挟まれた「サンクンガーデン」のリニューアルをお手伝いしました。

隣接する商業施設「OOTEMORI(オーテモリ)」の3,600㎡にもおよぶ約100種類もの多様な植物が広がる「森」とシナジーを生む、「大手町の『渓谷』」をイメージして、グリーン(植物)と水と人のある空間をデザイン。

楕円形型の中には、日本古来の在来種を念頭に置いた生態系の育みを実演して人間以外の動植物に対しても配慮した持続可能な植栽計画を立てました。その植物の楕円の外側には広がるように人が過ごせるテラスエリアを設置。人も植物とともに過ごせる心地いいこの空間は「公園=風景+人」というパーカーズの考えをそのまま表現した空間になりました。

さらに空間を作るだけに止まらず、ご利用いただくオフィスワーカーのみなさんにそこで過ごす時間を提案できるよう、参加型のイベントをご提案させていただき、初年度はリニューアル記念インベントとして「大手町ナイトガーデンシネマ」を5月に、「花いけバトル」を9月に開催しました。

DATA
施工内容 : 空間デザイン、植栽デザイン、施工
植栽:イロハモミジ、ススキ、カタクリ、ユキノシタ、ヤブソテツなど
PAGETOP