parkERs

WORKS事例紹介

「見る」から「感じる」フラワーパークへ
いばらきフラワーパーク

Ibaraki Flower Park

花との距離が縮まり、季節の花や自然を
五感で「体感」できるフラワーパーク

茨城県石岡市に1985年に開園以来、多くに人に愛されてきた「茨城県フラワーパーク」が2021年4月29日(木・祝)に「見る」から「感じる」フラワーパークとしてリニューアルオープンしました。

県花のバラは新たに269品種を植え込み、あわせて900品種9,000株をご覧いただくことができます。5種の香りごとに分けた「香りのバラ」エリアや、11色の色ごとに分けた「色別バラ」エリア、360°バラに包まれる「バラのトンネル」など、 「見る」でけでなく、より五感を使ってバラを「感じる」ことができる場所へと生まれ変わりました。

さらにバラ以外の季節もシャガやヤマユリ、アジサイなど四季の花が楽しめるほか、「100の体感」として一年を通して100以上のアクティビティをご用意。季節ごとに違った角度からお楽しみいただけます。

わたしたちparkERsはこのプロジェクトに策定計画で携わり、今後も石岡市産業文化事業団と共に指定管理者として、運営に携わってまいります。

DATA
プロデュース・企画・デザイン・運営
PAGETOP