parkERs

  • HOME
  •  > 
  • TOPICS
  •  > 
  • [EVENT REPORT]「個」と「集団」の成長と進化をワークショップ形式で体感するセミナー

TOPICS最新情報

EVENT REPORT

[EVENT REPORT]「個」と「集団」の成長と進化をワークショップ形式で体感するセミナー

9月27日(金)に、一般財団法人日本空間デザイン協会主催のDSA空間塾「何があなたを成長させるのか〜常識を疑う、常識を変える〜」にparkERsのブランドマネージャー梅澤が登壇させていただきました。

 

今回のセミナーは、今年6月に開催されたDSA主催セミナー「植物を使った空間デザインの感性と科学」に続く第二弾。前回は100名近くのデザイナーのみなさま向けでしたが、今回はコンパクトに20名様を対象に、ミニワークショップを通じて「個」の成長と「集団」の成長を考えて、「文化(カルチャー)」を探るセミナーになりました。

 

3〜4名のグループに分かれて、セミナーはスタート。

ワークショップの前後には、なぜいま「バイオフィリック デザイン」が求められているのかを「ヒト」のDNAから紐解いたり、地球上に繁殖した人類の特性を踏まえながら「ヒトの思考」「集団」「進化」「文化」などをキーワードに梅澤が講義をさせていただきました。

 

4つのミニワークショップでは、「交流」→「内省・自己開示」→「チームビルディング」→「仲間意識」といった「個」と「集団」の「成長」の過程を実際に体験いただくことで、チームにおけるコミュニケーションの手法の変化や「文化」が形成される過程を考えていただくきっかけになったのではないでしょうか。

 

主催いただいたDSAのみなさまはじめ、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

なお、6月に開催されたDSAセミナー「植物を使った空間デザインの感性と科学」のセミナーのレポートは、公式noteでご覧いただけます。

【セミナーレポート】なぜ今、人は植物のある空間を求めるのか?人間の意識と進化を掘り下げて考える

 

一般社団法人 日本空間デザイン協会について詳しくはこちらから。

  • HOME
  •  > 
  • TOPICS
  •  > 
  • [EVENT REPORT]「個」と「集団」の成長と進化をワークショップ形式で体感するセミナー
PAGETOP